平石大二の不動産BLOG
物件買取強化中
売却査定依頼
BUY売買物件を探す RENT賃貸物件を探す INVEST収益物件を探す ABOUT会社について CONTACTお問い合わせ

〝やすとも〟 に思ふ

17年12月16日

エステートパートナーズの平石です。

お読みいただきありがとうございます。

 

不動産とは関係ないネタがちょいちょい登場する私のブログ、

今日はヤフーニュースでこんなんが載ってたんでちょっと一言。

(長い一言やが(笑) )

 

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6265054

 

上手く載ってるかな?

載ってなかったらFBのUPに合わせて載せなおすけど(笑)

 

この記事は、漫才師の海原やすよ・ともこさんが

上方漫才大賞の2回目の受賞をされたってな記事やね。

 

私はベタベタの昭和人間で、昔ながらのしゃべくり漫才が好きである。

この記事ではやすともこと、海原やすよ・ともこさんが受賞に対し、

関西から漫才師を無くさないようにします!と宣言してくれたようやが、

最近のお笑いの、特に関西の芸人さんはそう思えるが、

最初のとっかかりが漫才で売れたら、すぐに東京へ行って

司会・MCとかバラエティータレントになってしまって、

原点ちゃうん?と思える漫才をないがしろにしてるように思えるケースが目立つ。

 

古くは、笑福亭松之助師匠のお弟子さんで、

最初は笑福亭さんまから始まった明石家さんまさんがそうやし、

ダウンタウンにしてもYou tube で彼らの漫才を見たら、

同期のトミーズがこいつらには勝てん!って言うた位

段違いで面白い。

けど今は司会を始めバラエティータレントっていう立ち位置やと思う。

上記の方々は落語や漫才を今はすることはない。

売れさえすりゃ、なんでも良かったんかな、と思うとさみしい思いになる。

 

いろんな分野で才能を発揮できるのも大したもんやから

それを間違いとか、漫才せんとアカンとは言わへんが、

頭が古いんかな、しゃべくり漫才で結果を出せたら

私がある意味喋りの分野で尊敬してやまない上沼恵美子さんのように

コンビを解散したならピンで仕事をしてもしゃあないけど、

コンビである間は漫才をして欲しいと思う。

 

それだけ言葉を使って聞いてる側を感動させたり、笑わせたり、

納得させたり、心を動かせたり、ってことは

すごく素晴らしいことやと思うからである。

 

以前のブログでも書いた、言葉のしゃべれない

筆談ホステスこと斉藤里恵さんも本で書いてた様に、

普通のホステスはお客様が、例えばビトンの新作のネクタイをしてこられたら、

「わぁ~、そのビトンのネクタイ、新作ですよね!素敵ですねえ!」

とネクタイを褒める。

できるホステスは「そのビトンの新作のネクタイ、良くお似合いですね」と、

ネクタイが似合うお客様を褒める。そういう違いがある、と書いておられた。

男女間でも男が女性に気持ちを伝えるのに、

「君がいい!」って言うのと「君でいい!」ってのでは

意味も変わるし女性も怒るしww

それだけ言葉の使い方、言葉の持つ重みってのは大事なことやと思う。

 

そういう意味でしゃべくりという、言葉を使って

お客様、聴衆を和ませ、笑わせ、元気づけることができる漫才師という仕事で、

大賞というようなてっぺんの地位を得たんやったら、

それに邁進して欲しいなあ、と思う私はやっぱり古いんかな?

 

一芸に秀でるとか、その道を極める、ってことは

尊いことやと思うんやけどな。

ゼネラリストもいいがスペシャリストたれ!

と、以前のブログでも書いてたように

ネタに困って前に書いたことを引き続き書いてるだけやが(笑)

これからも、こんなパターン、続けていきま~す!

 

ほな今日はこれにて、サイナラ~!!!

トップページ 売買物件を探す 賃貸物件を探す 会社について 売却査定依頼 不動産BLOG 個人情報保護方針 お問い合わせ サイトマップ
Copyright(c) estatepartners.Co.,Ltd .All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.8.2